友人が脂肪吸引の手術をすることにしました

友人が脂肪吸引の手術をすることにしました

同じ大学に通っている私の友人が、今度脂肪吸引の手術をしようと思っていると私に話してきました。彼女は私と同じ大学3年生なのですが、アナウンサーを志望しています。彼女は少し太めな体系なのですが、それを気にしているとのことでした。本格的な就職活動を前に脂肪吸引の手術をしておこうとしていました。彼女の話によると、脂肪吸引の手術はリスクも伴うそうです。脂肪吸引したあとの皮膚がぼこぼこという状態になることもあるのだそうです。


そういったリスクを防ぐためには、ドクター選びがとても大事だそうです。経験の多いドクターが信頼おけるそうなので、彼女は念入りにいくつかの病院でドクターの経験を調べました。そして、実際に脂肪吸引の手術をすることが決まったのですが、やはり緊張していたようで、私が一緒について行くことになりました。脂肪吸引の手術では数時間の麻酔が行われました。手術が終了し彼女が意識を取り戻すと、少し痛みを感じると話していました。けれども、手術は無事に終了したという報告を医師から受けて、彼女も私もとても安心しました。


手術後に少し病室で休んだ後、自宅へとタクシーで帰りました。彼女は痛み止めの薬をいただいていたので、それを3日ほど服用しながら、自宅で安静に過ごすということでした。数日後、彼女が大学へ登校した時には、まだ少しつらそうでしたが、3か月ほどたった頃には、通常の生活に戻り、脂肪吸引の効果が表れて、就職活動を再開出来たので私も安心しました。

新着情報

おすすめサイト